遺産分割・相続の登記・手続きは東京・埼玉の明成法務司法書士法人へ

東京都・埼玉県で相続の相談をするなら 明成相続相談センター

無料相談受付中 0120-855-858

メールでのお問い合せ

交通アクセスはこちら

遺言のご相談にお答え!遺言Q&A

遺言の気になる疑問を解消!

 

遺言書の変更・取り消しはできますか?

a

遺言者は誰の同意もなく、いつでも自由に遺言書の内容を変更したり取り消したりすることができます。ただし、遺言書には決められた書式があるのでご注意下さい。

遺言書の書き方

遺言書を見つけた時はどうすればいいですか?

a

遺言書を見つけたら、家庭裁判所に検認を請求します。

 

家庭裁判所に検認を請求すると、後日相続人に家庭裁判所に集まるよう連絡があります。そして、相続人立会いのもと遺言を確認します。
遺言書の方式が正しければ、検認が済んだ旨が遺言書に付記され、法律上の遺言書としての効力を持ちます。

遺言に条件を付けることはできますか?

a

可能です。遺言には条件を付けることができます。
遺言書に書かれた条件が満たされた場合にのみ、その遺言の効力を発生させるといった条件付の遺言は有効です。

遺言書が複数見つかった場合はどうなりますか?

a

遺言には優先順位があります。遺言書が2通あった場合でも遺言として効力を持つのは1通のみです。民法では「後遺言優先の原則」というルールがあり、2通以上の遺言が出てきた場合、日付の新しい遺言が優先されます。

 

ただし、最初の遺言書の内容が全て無効という訳ではなく、後に発見された遺言書において触れられていない内容については有効となります。

封印のある遺言書を見つけました。中身を見てもいいですか?

a

封印のある遺言書を勝手に開封してはいけません。
開封した場合、50,000円以下の過料となる場合があります。

遺言書を隠蔽・破棄するとどうなりますか?

a

遺言書があるのを知りながらそれを隠蔽・破棄したものは、相続欠格事由に相当することになり、相続人の地位を失います。

遺言書の捺印は実印でなければいけませんか?

a

遺言書の捺印は認印や拇印でも構いません(ただし実印が好ましいです)

横書きで遺言書を書いても良いですか?

a

縦書き、横書きは自由です。

 

 

「遺産分割協議書の作り方を相談したい」
「遺産相続のことがよく分からない」
「不動産登記(名義変更)ってどうすればいいの?」
「今のうちに遺言を残したい」
「遺言書の書き方が知りたい」
「埼玉で遺言のことを相談できる司法書士を探している」

 

東京にお住いの皆さま、志木駅や朝霞市・新座市周辺にお住いのみなさま、また志木駅や朝霞市・新座市周辺に不動産をお持ちのみなさまは、東京都新宿区、埼玉県新座市にある明成法務司法書士法人にご相談ください。

 

 

相続問題でお困りの方はお気軽にご連絡ください

0120-855-858

メールでのお問い合せ