遺産分割・相続の登記・手続きは東京・埼玉の明成法務司法書士法人へ

東京都・埼玉県で相続の相談をするなら 明成相続相談センター

無料相談受付中 0120-855-858

メールでのお問い合せ

交通アクセスはこちら

遺言の種類とメリット・デメリット

遺言書を書いておこう

3つの遺言の種類

自筆証書遺言

本人が手書きで作成する遺言です。パソコンで作成したものや他人が代筆したものは無効となり、日付・署名・押印が必要です。手軽に作成できる反面、様式不備で無効になることが多いのがこの様式です。また、作成した遺言書を遺言者自身で保管しなくてはならないので、偽造や紛失のリスクが高いのも問題となります。

 

公正証書遺言

公証人と遺言者が遺言内容を事前に打ち合わせておき、作成当日に遺言者が内容を確認して作成する遺言書です。公証人が作成するため、法律上の様式不備で無効になるおそれはありません。

 

秘密証書遺言

遺言書の内容を秘密にしたまま、遺言の存在のみを公証人に証明してもらうものです。存在を公証人に証明してもらえるので、遺言書が本物かどうかを相続人間で争うことはなくなります。

 

相続後の親族間の争いなどを生まないためにも、当事務所では公正証書遺言をおすすめしています。

 

遺言書の種類

  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成者 自分で手書きで作成 公証人が作成 自分で作成(代筆も可)
費用 無料 作成手数料など 作成手数料など
封開 家庭裁判所での検認が必要 そのまま開封できる 家庭裁判所での検認が必要
内容 秘密にできる 証人2人以上に知られる 秘密にできる
保管 本人が保管するため、紛失・改ざんのおそれがある 公証人役場で保管される 本人が保管する
効力 様式などに不備があった場合、無効になる可能性がある 公証人が作成するため、様式不備などはなく、遺言の内容を確実に実現できる 様式などに不備があった場合、無効になる可能性がある

※当事務所では、公証人役場で作成する安全で実現性が高い公正証書遺言をおすすめしています。

 

遺言書の種類別メリット・デメリット

  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
メリット
  • 手軽に作成できる
  • 遺言の内容を秘密にしておける
  • 公証人が作成するため、様式不備などで無効になるおそれがない
  • 原本を公証人役場で保管するため、偽造や紛失のおそれがない
  • 家庭裁判所での検認手続きが必要ない
  • 遺言の内容を秘密にしておける
  • 代筆でも作成できる
    ※代筆の場合は、筆記者の住所と氏名を公証人に知らせなくてはならない
デメリット
  • 様式不備で無効になるおそれがある
  • 偽造や紛失、盗難のおそれがある
  • 死後、発見されないおそれがある
  • 開封に家庭裁判所の検認手続きが必要なので、手間がかかる
  • 公証人手数料などの費用がかかる
  • 内容を公証人と証人に知られる
  • 様式不備で無効になるおそれがある
  • 公証人手数料などの費用がかかる
  • 開封に家庭裁判所の検認手続きが必要なので、手間がかかる

 

遺言書作成費用

目的価格 手数料 目的価格 秘密証書遺言
~100万 ¥5,000 ~5,000万 ¥29,000
~200万 ¥7,000 ~1億 ¥43,000
~500万 ¥11,000 ~3億 5,000万ごとに
¥13,000加算
~1,000万 ¥17,000 ~10億 5,000万ごとに
¥11,000加算
~3,000万 ¥23,000 10億~ 5,000万ごとに
¥8,000加算

 

 

「遺産分割協議書の作り方を相談したい」
「遺産相続のことがよく分からない」
「不動産登記(名義変更)ってどうすればいいの?」
「今のうちに遺言を残したい」
「遺言書の書き方が知りたい」
「埼玉で遺言のことを相談できる司法書士を探している」

 

東京にお住いの皆さま、志木駅や朝霞市・新座市周辺にお住いのみなさま、また志木駅や朝霞市・新座市周辺に不動産をお持ちのみなさまは、東京都新宿区、埼玉県新座市にある明成法務司法書士法人にご相談ください。

 

 

相続問題でお困りの方はお気軽にご連絡ください

0120-855-858

メールでのお問い合せ