遺産分割・相続の登記・手続きは東京・埼玉の明成法務司法書士法人へ

東京都・埼玉県で相続の相談をするなら 明成相続相談センター

無料相談受付中 0120-855-858

メールでのお問い合せ

交通アクセスはこちら

初めての相続相談

意外と知らない!相続の常識

そもそも相続って何?

相続とは人が死亡した際にその人が所有していた財産・権利・負債を家族・親族などが受け継ぐことを言います。

 

・死亡した人を「被相続人」と言います。

・相続によって財産を受け継ぐ権利のある人を「相続人」と言います。

相続できる人ってどんな人?

誰が相続できるかというのを文章でご説明すると難しくなりますので、以下の図をご覧ください。

 

法定相続人の範囲

 

相続順位 相続人と相続の割合
第1順位 直系卑属(=被相続人の子供 子供が死亡時は孫、ひ孫)
1⁄2
配偶者
1⁄2
第2順位 直系尊属(=被相続人の父母や祖父母)
1⁄3
配偶者
2⁄3
第3順位 被相続人の兄弟姉妹 (兄弟姉妹が死亡時は姪・甥)
1⁄4
配偶者
3⁄4

※相続人であっても何らかの理由でその権利を失うことがあります。

遺産ってどんなふうに分けるの?

現物分割

自宅は長男、株は次男、預金はすべて妻に……というように、それぞれの財産を各人に分配していく方法です。

 

換価分割

株・不動産などを金銭に換えて分配する方法です。

 

代償分割

相続人の一部に本来の相続分を超える財産を相続させる代わりに、他の相続人に対して金銭を支払う方法です。

 

共有分割

主に不動産の遺産分割などで、複数の相続人で持分を決め、それぞれが共有する方法です。

それぞれの遺産分割方法のメリット・デメリット

相続順位 メリット デメリット
現物分割 ・配分が分かりやすい ・法定相続分どおりに分配することが難しい
代償分割 ・公平な遺産分割が可能
・財産の現物を残せる
・債務を負担する相続人に支払能力が必要
換価分割 ・公平な遺産分割が可能 ・譲渡益に対し所得税・住民税がかかる
・財産の現物が残らない
・売却の時間・手間と費用が必要
共有分割 ・公平な遺産分割が可能 ・利用や処分の自由度が低い
・共有者に次の相続が起こると権利関係が複雑化する

 

 

今さら聞けない相続用語

 

相続(そうぞく)

亡くなった人の財産を親族などで分配すること。「遺産相続」とほぼ同義です。

 

被相続人(ひそうぞくにん)

遺産相続させる側の人、つまり亡くなった人のこと。

 

相続人(そうぞくにん)

被相続人が残した財産を相続する人のこと。

 

遺言書(いごんしょ/ゆいごんしょ)

被相続人が遺産の分割方法を記した書類のこと。遺言書があると財産の分割がスムーズに進みます。

 

遺留分(いりゅうぶん)

遺言書に記載されていたとしても法的に保証される、最低限の相続割合のこと。

 

生前贈与(せいぜんぞうよ)

被相続人が生前に相続人に対して財産を贈与すること。

 

相続放棄(そうぞくほうき)

被相続人の一切の権利・義務を相続しないこと。遺産の内容によっては、相続放棄をしたほうがいい場合があります。

 

不動産登記(ふどうさんとうき)

不動産(土地・建物)の現況や権利関係を公示するための国の仕組み。相続が発生すると、不動産登記の名義変更が必要になります。

 

相続時精算課税制度(そうぞくじせいさんかぜいせいど)

生前贈与を受けても2,500万円までなら贈与税が非課税になる制度。

 

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

遺産分割などの際に、認知症や知的障害をお持ちの方が不利益を被らないように保護する制度。

 

代襲(だいしゅう)

相続人になるはずの人が、被相続人より先に亡くなった場合、相続人の子などに相続権が引き継がれること。

 

推定相続人(すいていそうぞくにん)

被相続人の生存中に、第1順位の相続人になると推定される者のこと。

 

 

 

「遺産分割協議書の作り方を相談したい」
「遺産相続のことがよく分からない」
「不動産登記(名義変更)ってどうすればいいの?」
「今のうちに遺言を残したい」
「遺言書の書き方が知りたい」
「埼玉で遺言のことを相談できる司法書士を探している」

 

東京にお住いの皆さま、志木駅や朝霞市・新座市周辺にお住いのみなさま、また志木駅や朝霞市・新座市周辺に不動産をお持ちのみなさまは、東京都新宿区、埼玉県新座市にある明成法務司法書士法人にご相談ください。

 

 

相続問題でお困りの方はお気軽にご連絡ください

0120-855-858

メールでのお問い合せ