遺産分割・相続の登記・手続きは東京・埼玉の明成法務司法書士法人へ

東京都・埼玉県で相続の相談をするなら 明成相続相談センター

無料相談受付中 0120-855-858

メールでのお問い合せ

交通アクセスはこちら

生前贈与

生前贈与で、計画的に財産を遺しましょう

相続は亡くなった後発生するものですが、生前贈与はご存命の内から相続人に財産を受け継いでもらうものになります。実は、上手に計画すれば、相続より生前贈与の方がより税金を抑えて財産を継承できる場合があります。生前贈与の仕組みと注意点、明成相続相談センターの生前贈与サービスについて解説します。

生前贈与とは

贈与とは、ご自身の財産を無償で相手に贈与することです。その内、相続を目的として財産を与えるものを生前贈与と呼びます。

 

気を付けなければいけないのが、贈与の目的によって生前贈与として認められる場合と認められない場合があることです。例えば、お子さん・お孫さんの進学に援助として出したお金や、生活費として出したお金は生前贈与ではなく、扶養と見なされます。反対に進学費・生活費として渡したお金も、使われないまま貯金されている場合は相続税がかかる対象となります。

生前贈与と贈与税の仕組み

生前贈与には、①暦年課税贈与税または②相続時精算課税制度が主に関わってきます。

 

① 暦年課税贈与税

受け取る人1人あたり毎年110万まで非課税で贈与することが出来ます。この場合、1年は1月1日から12月31日までとなり、他の税金の様に4月1日から翌年3月31日までとは異なるのでご注意ください。
この仕組みを利用すれば、例えば子ども2人に毎年110万円ずつ、併せて220万円まで非課税で贈与が可能です。
また、1人に111万円ずつ贈与し、納税をすることで、相続時に遺産に含まれないよう工夫することも可能です。この場合、納税するのは贈与を受け取る側になります。

 

② 相続時精算課税制度

60歳以上の方から、20歳以上の子や孫に限り2500万円まで非課税で贈与することができます。この制度を利用する際は予め税務署に申告をする必要があり、相続時には遺産に含んで相続税の計算をします。生前2500万円以上贈与し納税している場合は、納税額が相続税から控除されます。

 

一度相続時精算課税制度を利用すると、暦年課税贈与を利用できなくなるのでどちらの仕組みを利用するか検討し、計画的に行いましょう。
相続時精算課税制度については、こちらのページにも解説がございます。

 

財産の移転方法 かかる税 控除額 相続時に…
相続 相続税 3000万円+法定相続人の人数×600万円まで  
生前贈与 暦年課税贈与税 年間(1月1日から12月31日まで)110万円まで 相続時遺産には含まず相続税を計算
65歳以上の父または母から20歳以上の子への贈与 相続時精算課税贈与税 通算で2500万円まで 相続時に遺産に含んで相続税を計算

生前贈与の注意点

生前贈与で注意しなければならないのが、ご家族への贈与でも財産の動きをあいまいにせず、贈与の目的を明確にし、しっかり記録に残すことです。
住宅や金銭など財産の種類に関わらず、口頭でのやり取りだけではなく、贈与契約書の作成や、不動産であれば所有権移転登記が必要です。
記録に残さなかった場合、相続時に予定していたより相続税がかかる、相続人同士で贈与を受けたかどうかを巡ってかえって揉め事になる恐れもあります。
確実に贈与を行うために、司法書士を始めとした専門家にご相談ください。

生前贈与サポートサービス 95000円

サービス内容
生前贈与に関する相談 
贈与による所有権移転登記 贈与契約書の作成 登記原因証明情報の作成  
不動産事前調査 登記事項証明書の収集 
不動産の生前贈与に関連するサポート

 

明成の生前贈与サポートサービスでは、生前贈与に関する相談から贈与に伴う手続き、書類の作成を承っております。計画的に、確実に贈与を行いたい方はご相談ください。

 

 

「遺産分割協議書の作り方を相談したい」
「遺産相続のことがよく分からない」
「不動産登記(名義変更)ってどうすればいいの?」
「今のうちに遺言を残したい」
「遺言書の書き方が知りたい」
「埼玉で遺言のことを相談できる司法書士を探している」

 

東京にお住いの皆さま、志木駅や朝霞市・新座市周辺にお住いのみなさま、また志木駅や朝霞市・新座市周辺に不動産をお持ちのみなさまは、東京都新宿区、埼玉県新座市にある明成法務司法書士法人にご相談ください。

 

 

相続問題でお困りの方はお気軽にご連絡ください

0120-855-858

メールでのお問い合せ