遺産分割・相続の登記・手続きは東京・埼玉の明成法務司法書士法人へ

東京都・埼玉県で相続の相談をするなら 明成相続相談センター

無料相談受付中 0120-855-858

メールでのお問い合せ

交通アクセスはこちら

相続放棄の手続き

相続放棄~借金は引き継がない~

相続人には3つの選択肢があります。

 

相続放棄 単純承認 限定承認
被相続人の権利や義務を一切受け継がない。 被相続人の権利や義務をすべて受け継ぐ。 被相続人の財産や借金がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ。

相続放棄とは?

相続とは、被相続人の権利義務をまるごと引き継ぐことですが、あなたが相続する権利を持っていたとしても、必ずしも相続しなければならないわけではありません。相続放棄とは、文字どおり「相続する権利を放棄すること」です。

 

プラスの財産が多いことが明らかであればほとんどの方が相続しますが、財産はプラスのものだけとは限りません。「不動産を持っていたけど、いろんなところに借金を抱えていたようで、計算したらマイナスになってしまった……」といったケースもありますし、プラス・マイナスどちらになるかはっきりしない場合もあります。このようなケースで、マイナスの財産を引き継ぎたくない人のために「相続放棄」という手続きが用意されているのです。

 

相続放棄のメリット

(1)借金を背負わなくて済む

被相続人の借金を引き継がずに済むのが最大のメリットです。

 

(2)遺産を分散させないで済む

遺産のすべてを特定の相続人に引き継がせるために、他の相続人が相続を辞退する手段として活用できます。

 

(3)相続人が単独でできる

他の相続人の同意などを必要とせず、各相続人が単独で行うことができます。他の相続人と関わらなくて済むため、相続人間で仲違いしている場合に有効です。また、相続放棄をしたことを債権者などの他人から取り消されることもありません。

相続放棄の注意点

1

相続があったことを知ってから3ヶ月を過ぎると単純承継となり、相続放棄できなくなる!

相続放棄には期限があるので要注意!相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に管轄の家庭裁判所に申し立てる必要があります。

 

2

相続予定の財産の一部でも処分してしまうと単純承継となり、相続放棄できなくなる!

 

3

先順位の相続人が相続放棄をすると、次の順位にいる相続人に権利義務が移る!

遺産の相続放棄手続きについてよくあるご質問

相続放棄と限定承認は手続きの面で何が違いますか?

a

限定承認は手続きが煩雑で、必ず相続人全員で行わなければなりません。一方、相続放棄は遺産を引き継ぐのを放棄したいと考える人が単独で行える手続きです。

遺産を何ももらわなければ、放棄する必要はないですか?

a

何ももらわないことと放棄することは違います。遺産はプラスの財産のみでなく、借金などのマイナスの財産もあるのです。何も手続きをしないでいたがために、借金だけを引き継ぐことになってしまうケースも大いにあり得ます。綿密に遺産を調査したうえで、必要であれば放棄も視野に入れるようにしましょう。

単純承認とは?

相続人が単純承認をしたときは、被相続人の権利義務を無限に承継することになります。相続人は、プラスの財産もマイナスの財産も相続分の割合で全部承継し、責任を負うことになります。単純承認をするために特別な手続きは必要なく、相続があったことを知ったときから3ヶ月経過すれば、自動的に単純承認したことになります。

 

逆に、被相続人が借金などマイナスの財産を残している場合は要注意。単純承認してしまうと、債務を引き継いで返済していかなければならなくなります。

法定単純承認

  • 相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき
  • 相続人が相続があったことを知ったときから3ヶ月間、限定承認も相続放棄もしなかったとき
  • 相続人が限定承認または相続放棄をした後でも、相続財産の全部もしくは一部を隠匿し、消費し、または悪意でこれを財産目録中に記載しなかったとき

限定承認とは?

故人の財産がプラスなのかマイナスなのか、すぐには分からない場合が多々あります。このようなケースのために、中間的な選択肢として「限定承認」という手続きが用意されています。

 

限定承認とは、相続財産がプラスになった場合に限り相続し、マイナスになった場合は放棄するという便利な制度ですが、限定承認をするには相続人全員の同意が必要です。したがって、相続人のなかに一人でも単純承認する人がいると、限定承認はできなくなります。

 

手続きとしては、被相続人の死亡を知ったときから3ヶ月以内に財産目録を作り、限定承認する旨を家庭裁判所に申述し、受理されて5日以内に債権者や受遺者に相続の限定承認をしたことを公告しなければなりません。このように複雑な手続きが必要なため、実際にはあまり利用されていません。

 

相続が発生したら、遺産を相続人間で分割することになります。この際、相続人同士で話し合い(遺産分割協議)を行いますが、遺産が不動産や現金などのプラスの財産だけであれば、あまり悩む必要はないでしょう。
しかし、借金などのマイナスの相続財産がある場合はひと筋縄ではいきません。

 

「トータルでプラスになるのかマイナスになるのか?」
「相続放棄をしたほうがいいのか?」
「放棄する場合はどんな手続きが必要なのか?」など

 

不明点・疑問点がございましたらお早めにご相談ください。

 

 

「遺産分割協議書の作り方を相談したい」
「遺産相続のことがよく分からない」
「不動産登記(名義変更)ってどうすればいいの?」
「今のうちに遺言を残したい」
「遺言書の書き方が知りたい」
「埼玉で遺言のことを相談できる司法書士を探している」

 

東京にお住いの皆さま、志木駅や朝霞市・新座市周辺にお住いのみなさま、また志木駅や朝霞市・新座市周辺に不動産をお持ちのみなさまは、東京都新宿区、埼玉県新座市にある明成法務司法書士法人にご相談ください。

 

 

相続問題でお困りの方はお気軽にご連絡ください

0120-855-858

メールでのお問い合せ